イベント情報

アート・音楽・シアター

特別展「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」

2019年10月12日(土)~2020年01月13日(月・祝)

アルフォンス・ミュシャ ≪ヒヤシンス姫≫1911年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2019

アルフォンス・ミュシャ ≪ヒヤシンス姫≫1911年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2019

アルフォンス・ミュシャ ≪ヒヤシンス姫≫1911年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2019

没後80年、時代を超えて、今もミュシャは生きている

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。線の魔術とも言える彼の華やかな作品は、今もなお世界中の人たちを魅了し続けている。逝去してからちょうど80年という節目に当たる2019年。ミュシャが手がけたポスターなどのグラフィック作品はもとより、幼少期の作品、蔵書や工芸品、祖国チェコへの想いを込めた作品などを通じてミュシャの多様な魅力に迫る。ほかにもミュシャの作品から影響をうけた、グラフィック・アート作品、日本のマンガ家やイラストレーターの作品を展示する。

基本情報

開催日程 2019年10月12日(土)~2020年01月13日(月・祝)
時間 10:00〜18:00 ※金曜は〜19:30(入場はそれぞれ30分前まで)
場所 京都文化博物館
アクセス 地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅 徒歩約3分
ホームページ http://www.bunpaku.or.jp
チラシ -

休館日:月曜(祝日開館、翌平日休館)、12/28~1/3(年末年始休館)

料金

一般 1,500円 大高生1,200円 中小生500円

ご予約・お問い合わせ

京都文化博物館

TEL 075-222-0888

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #夜観光  #アート  #美術館・博物館  #【夜】見る・聞く  について関連する
よくある質問はこちら

夜の京都の楽しみ方を教えてください
京都タワー、将軍塚などは夜景の名所として知られています。そのほか、時期によっては、ライトアップイベントや夜間特別公開が行われていることもあります。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る