イベント情報

アート・音楽・シアター

特別展『流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美』

2019年10月12日(土)~2019年11月24日(日)

重要文化財 《佐竹本三十六歌仙絵 小大君》 鎌倉時代 13世紀、大和文華館蔵、後期(11/6~11/24)展示

重要文化財 《佐竹本三十六歌仙絵 小大君》 鎌倉時代 13世紀、大和文華館蔵、後期(11/6~11/24)展示

重要文化財 《佐竹本三十六歌仙絵 小大君》 鎌倉時代 13世紀、大和文華館蔵、後期(11/6~11/24)展示

100年ぶりに、散り散りになった秘宝が最大規模で集結

36人の優れた和歌の詠み人「歌仙」を描く、鎌倉時代の名品「佐竹本三十六歌仙絵」。かつて2巻の絵巻物として伝わったこの作品は、大正8年(1919)に一歌仙ずつ分割され、別々の所有者のもとに秘蔵さた。それから100年。本展では、離ればなれとなった断簡を展覧会としては過去最大となる規模で集めて展示。大正、昭和、平成の世を越え伝えられた、秘宝中の秘宝を、平安・鎌倉時代に花開いた王朝美術の名品とあわせて見ることができる。

基本情報

開催日程 2019年10月12日(土)~2019年11月24日(日)
時間 9:30〜18:00(金土は〜20:00。入館は閉館の各30分前まで)
場所 京都国立博物館
アクセス 市バス100・206・208「博物館 三十三間堂前」徒歩すぐ、京阪電車「七条」駅 徒歩15分
ホームページ https://www.kyohaku.go.jp/jp/
チラシ -

休:月曜※ただし、祝日・休日の場合は開館し、翌火曜を休館

料金

一般1,600円、大学生1,200円、高校生700円

ご予約・お問い合わせ

京都国立博物館

TEL 075-525-2473(テレホンサービス)

マップを表示

お気に入りに登録する

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #朝観光  #夜観光  #アート  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

夜の京都の楽しみ方を教えてください
京都タワー、将軍塚などは夜景の名所として知られています。そのほか、時期によっては、ライトアップイベントや夜間特別公開が行われていることもあります。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
混雑をさけて京都の朝観光を楽しみたいと思っています。どんなスポットがありますか? また。朝早くに開いているお土産屋さんはどこですか?
朝ならではの京都の楽しみ方をこちらでご紹介していますので、参考にしてください。お土産品については、八条口のアスティロードや近鉄名店街みやこみちの一部店舗が朝早くからオープンしています。

その他のよくある質問を見る