イベント情報

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

2019年度夏季企画展 近代の東本願寺と北海道―開教と開拓―

2019年6月9日(日)~7月27日(土)

蝦夷古地図

蝦夷古地図

蝦夷古地図

東本願寺と北海道の関わりを紹介

明治2年(1869)、東本願寺が北海道の開拓・開教を明治新政府に願い出てから、今年で150年。この事業で東本願寺は札幌(さっぽろ)-尾去別(おさるべつ)間を結ぶ「本願寺道路」開削などに取り組んたが、同時に先住民族アイヌの人々に対する国家の同化政策を担うことにもなった。本展覧会では、明治初期における、東本願寺と北海道の関わりが、開拓・開教、そして同化政策の側面も含めて紹介される。

基本情報

開催日程 2019年6月9日(日)~7月27日(土)
時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
場所 大谷大学博物館
アクセス 地下鉄烏丸線「北大路」
ホームページ http://www.otani.ac.jp/kyo_kikan/museum/
チラシ -

休館日:日・月(6/9、7/14は開館、8/3・4は特別開館)

料金

無料

ご予約・お問い合わせ

TEL 075-411-8483

マップを表示

お気に入りに登録する

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る