イベント情報

伝統行事・伝統芸能

このイベントは終了しました。

シリーズ能楽講座 能楽師有松遼一の「はじめての能! 四季折々~夏の部~」 ~ 能の味わい方を知り、古典の四季にあそぶ ~《好評につき午後の部を追加》

2019年7月7日(日) 

能楽師 有松遼一

能楽師 有松遼一

能楽師 有松遼一

好評につき午後の部を追加しました!

重要文化財 旧三井家下鴨別邸の主屋2階座敷(通常非公開エリア)で、四季折々の京都を感じながら、豊かな能の魅力と古典の世界を味わってみませんか?
能が初めての方も大歓迎です。
「能」って聞いたことはあるけれど、どんな舞台芸能? 少し興味はあるし、ちょっとその見方を教えてもらったら……。そんなあなたのための、能の面白さを学ぶ講座です。
講師は、若手能楽師として数々の舞台に立ちながら、大学で能楽や和歌など古典の魅力を伝える、能楽師ワキ方の有松遼一氏。
今回は、春・夏・秋・冬の年間シリーズで、それぞれ四季折々の能の曲を味わいます。
能は、昔から愛されてきた古典の美しい文章を用いて作られています。『古今和歌集』や『源氏物語』、『平家物語』――能の詞章をたどると、そのまま様々な古典の世界を味わうことができ、日本人の美意識にふれることができます。
この講座は、能の見方を知り、作品と関わりのある古典の名文を味わい、四季折々の風情を感じながら「謡(うたい)」の鑑賞と体験ができる、盛りだくさんな内容です。

【内容】
講義
・能の“味わい方”を知る
・四季折々の古典の名文に触れる

謡の体験と実演鑑賞
・有名な能の一節に挑戦 みんなで謡ってみよう
・有松先生の謡を鑑賞

お抹茶とお菓子付き

【日時・お時間】
2019年7月7日
午前の部(10:30~)〔満員御礼〕
午後の部(14:00~)〔受付中〕
※所要時間約90分(予定)

【講師紹介】

有松遼一

能楽師ワキ方高安流。京都市在住。
谷田宗二朗師・飯冨雅介師に師事。公益社団法人 能楽協会会員。
京都大学文学部卒業、同大学院博士課程(国文学)研究指導認定退学。
同志社女子大学嘱託講師。文化庁伝統音楽普及促進事業実行委員会幹事。
京都を中心に、大阪・東京・名古屋・九州・北海道など、数々の舞台に出演。海外公演や子どもたちへのワークショップ・学校公演にも多数参加。大学の講義では能楽や和歌など古典の魅力を伝える。能が現代に生きる芸能・舞台芸術であることを問い続ける。

基本情報

開催日程 2019年7月7日(日) 
時間 【午前の部】10時30分~
【午後の部】14時00分~
所要時間約90分(予定)
場所 重要文化財 旧三井家下鴨別邸2階座敷(通常非公開エリア)
アクセス 市バス「葵橋西詰」下車徒歩約5分
市バス「出町柳駅前」下車徒歩約5分
京阪電車「出町柳」駅下車徒歩約5分
※駐車場がございません。公共交通でお越しください。
ホームページ https://ja.kyoto.travel/tourism/article/mitsuike/
チラシ PDFで確認する

定員
【午前の部】25名(申込順・満員御礼)
【午後の部】25名(申込順・受付中)⇒新たに追加しました!

料金

3,000円(税込)
※入館料が別途必要です(一般410円・中高生300円・小学生200円)
※当日受付にてお支払いください。

主催:有松遼一 能の会事務局、旧三井家下鴨別邸運営コンソーシアム

ご予約・お問い合わせ

事前申込み制です。
メール又は電話にてお申し込みください。

●メールでのお申込み mitsuike.shimogamo@gmail.com
以下の内容を記載の上、送信してください。
①イベント名「はじめての能!」
②代表者氏名
③参加人数
④電話番号
⑤住所
⑥メールアドレス

●お申込み受付回答
返信メールでの回答をもって予約の成立といたします。
火曜日の午後5時以降及び水曜日にお申込みメールを送信いただいた場合、返信は木曜日以降になります。
迷惑メール対策をされている場合、ドメインgmail.comのメールを受信できるよう設定願います。

●電話でのお申込み
旧三井家下鴨別邸TEL:075-366-4321(9:00~17:00※水曜休館)

●申込締切
定員に達し次第、受付終了とさせていただきます。

●開催予告
「はじめての能! 四季折々」 このあとのスケジュール(予定)
秋: 2019年9月15日(日) 午前10時30分
冬: 2019年12月15日(日)午前10時30分
各回 3,000円※入館料別途要

TEL 075-366-4321
FAX 075-708-8321
e-mail mitsuike.shimogamo@gmail.com

マップを表示

お気に入りに登録する

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#公共施設  #文化を紹介する施設  #重要文化財  #京都らしい体験  #駅から近い  #旧三井家下鴨別邸  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
子どもと京都を楽しめる場所はありますか?
京都市動物園、京都水族館、京都鉄道博物館、京都国際マンガミュージアム、宝が池公園 子どもの楽園など、お子さんが楽しく過ごせる施設がたくさんあります。家族で楽しむ旅を紹介した「旅のカタチ 家族旅」(URL)も参考に、旅のプランをたててみてください。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。

お座敷体験はできますか?
一般的に、紹介者なしでは利用することができません。

その他のよくある質問を見る