イベント情報

フェス・マーケット・イベント

このイベントは終了しました。

文化財講座「伝統とつながる近代の邸宅文化」

2019年2月2日(土)

旧三井家下鴨別邸 3階望楼からの眺め

旧三井家下鴨別邸 3階望楼からの眺め

旧三井家下鴨別邸 外観

旧三井家下鴨別邸 外観

旧三井家下鴨別邸 玄関棟洗面所

旧三井家下鴨別邸 玄関棟洗面所

旧三井家下鴨別邸 主屋1階東洗面所

旧三井家下鴨別邸 主屋1階東洗面所

旧三井家下鴨別邸 中庭

旧三井家下鴨別邸 中庭

旧三井家下鴨別邸 3階望楼からの眺め
旧三井家下鴨別邸 外観
旧三井家下鴨別邸 玄関棟洗面所
旧三井家下鴨別邸 主屋1階東洗面所
旧三井家下鴨別邸 中庭

重要文化財旧三井家下鴨別邸では、2月7日から3月19日まで、主屋3階望楼特別公開を開催いたします。これに先立ち、文化財保護技師による近代邸宅をテーマとした文化財講座を開催します。

3階望楼が特徴的な旧三井家下鴨別邸の主屋。もとは、木屋町三条上るにあった三井家の木屋町別邸が移築されたものです。木屋町別邸は、明治13年、三井北家八代三井高福の隠居所として建築されました。移築の際に、改修、増築され、大正14年、一族が祖霊社をお参りする際の休憩所として完成しました。大正期までに整えられた大規模別邸の屋敷構えが良好に保存され、同時に財閥の繁栄を今に伝える貴重な建物です。

今回の講座は、近代建築史や住宅史を専門に活躍する文化財保護技師の石川祐一氏を講師に、伝統とのつながりを意識してつくられてきた近代の邸宅建築の魅力についてお聞きいただきます。講義のあとは、通常非公開の3階望楼、お茶室などをご見学いただきます。

【内容】
・文化財保護技師による講座「伝統とつながる近代の邸宅文化」
・通常非公開の主屋3階望楼、茶室の見学
・お抹茶とお菓子

【講師紹介】
石川 祐一(いしかわ ゆういち)
京都市文化財保護課 主任・文化財保護技師(建造物担当),学術博士。
1967 年東京都生まれ。岡山大学文学部史学科卒業。京都府立大学大学院生活科学研究科修士課程修了。京都工芸繊維大学大学院造形工学研究科博士課程後期修了。1997 年より京都市文化財保護課文化財保護技師(建造物担当)。専門は近代建築史,住宅史。著書に『近代建築の夜明け 京都熊倉工務店-洋風住宅建築の歴史』(淡交社),『民芸運動と建築』(淡交社,共著),『京都の洋館』(光村推古書院)など。

基本情報

開催日程 2019年2月2日(土)
時間 13:30(所要時間 約2時間)
場所 重要文化財 旧三井家下鴨別邸 主屋2階座敷(通常非公開エリア)
アクセス 交通:市バス「葵橋西詰」下車徒歩約5分、市バス「出町柳駅前」下車徒歩約5分
京阪電車「出町柳」駅下車徒歩約5分
※駐車場がございません。公共交通でお越し下さい。
ホームページ https://ja.kyoto.travel/tourism/article/mitsuike/
チラシ -

料金

2,500円(税込)【お抹茶・お菓子付き】
※入館料が別途必要です(一般410円、中高生300円、小学生200円)
※当日受付にてお支払いください。

ご予約・お問い合わせ

事前申込み制です。
定員 24名(申込順)
電話にてお問い合わせください。

TEL 075-366-4321(9:00~17:00 水曜休館)

マップを表示

お気に入りに登録する

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#庭園・池  #文化を紹介する施設  #要予約  #重要文化財  #京都らしい体験  #伝統技術  #駅から近い  #旧三井家下鴨別邸  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都迎賓館は予約なしで参観できますか?
自由参観方式のため予約なしで参観できます。ただし、事前申込みをした人から優先して入場となりますので、事前の予約がおすすめです。参観料は1000円です。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。

お座敷体験はできますか?
一般的に、紹介者なしでは利用することができません。

その他のよくある質問を見る