イベント情報

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

春季企画展「日本の書―和歌と詩のかたち」

2019年05月25日(土)~2019年06月30日(日)

《寸松庵色紙》伝紀貫之 平安時代

《寸松庵色紙》伝紀貫之 平安時代

重要美術品《石山切》藤原定信 平安時代

重要美術品《石山切》藤原定信 平安時代

《寸松庵色紙》伝紀貫之 平安時代
重要美術品《石山切》藤原定信 平安時代

館蔵の住友コレクションより、古代から近世にかけての日本書跡を一堂に公開する

本展では、かな古筆の白眉とされる《寸松庵色紙》をはじめ、料紙装飾も美しい歌切、歌会の和歌懐紙、さらには画賛など、平安から鎌倉時代に高揚し、長く書き継がれた和歌の造形を紹介。また中国からの新風に触発された漢詩文の条幅など、近世に生まれた詩歌表現の形にも注目し、展示をする。

基本情報

開催日程 2019年05月25日(土)~2019年06月30日(日)
時間 10:00~17:00(入館16:30まで)
場所 泉屋博古館
アクセス 市バス5「東天王町」
32・100「宮ノ前町」 
ホームページ https://www.sen-oku.or.jp/kyoto/
チラシ -

料金

一般 800円
高大生 600円
中学生 350円
小学生以下 無料

ご予約・お問い合わせ

TEL 075(771)6411

マップを表示

お気に入りに登録する

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #アート  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る