イベント情報

アート・音楽・シアター

帝室技芸員の仕事 七宝編

2019年05月25日(土)~2019年08月18日(日)

《蝶図瓢形花瓶》並河靖之

《蝶図瓢形花瓶》並河靖之

《蝶図瓢形花瓶》並河靖之

帝室技芸員による作品を一堂に展示する「帝室技芸員の 仕事」シリーズ第3弾!

「七宝編」では、「2人のナミカワ」と称される並河靖之と濤川惣助の名品を展示する。かつて金工・七宝・蒔絵などの工芸品は、文化レベルの高さや国力を世界に示す重要な産業だった。「帝室技芸員」とは、そのような工芸品の制作を担った職人たちの技術を、皇室の保護のもと、継承・発展させる目的で設けられた制度だった。明治 29 年(1896)、その七宝の分野から帝室技芸員に任命されたのが並河靖之と濤川惣助。それぞれの持ち味が発揮された艶やかな七宝の作品が並ぶ。あわせて、2人と同時代の職人たちによる七宝も展示される。

基本情報

開催日程 2019年05月25日(土)~2019年08月18日(日)
時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所 清水三年坂美術館
アクセス 市バス100・206・207「清水道」 徒歩7分
ホームページ http://www.sannenzaka-museum.co.jp/index.html
チラシ -

休館日:月・火(但し、7月15日、8月12日は開館)

料金

一般 800円
中高大生 500円
小学生 300円

ご予約・お問い合わせ

TEL 075-532-4270
e-mail info@sannenzaka-museum.co.jp

マップを表示

お気に入りに登録する

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る