イベント情報

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

調度を彩る蒔絵の美

2月23日(土)~ 5月19日(日)

蒔絵(まきえ)は器体に漆で描いた文様が乾かない内に、その部分に金銀等の粉を蒔きつけて定着させる技法です。古くは社寺に奉納する神々のための道具等に施されましたが、後に生活空間における道具類、いわゆる調度品にも用いられるようになります。

江戸時代には、将軍・諸大名がお抱えの蒔絵師に道具類を作らせたことや、町人の需要に応える町の蒔絵師が新たな意匠を生み出したことを通じ、蒔絵の技法・装飾は豊かに発展しました。明治維新によって蒔絵師は幕府や大名の庇護を失いますが、皇室や財閥向けの調度品、輸出向けの小箱や香合等の制作にその腕をふるいました。

このたびの展覧会では、幕末・明治に制作された作品を中心に、文台・料紙箱・書棚といった大型の作品をはじめ、文台や料紙箱とセットで制作されることの多かった硯箱、愛らしい小箱や香合といった蒔絵の調度品を展示します。生活と空間を彩り、海外の人々も魅了した典雅な装飾を、どうぞお楽しみください。

◆主な展示作品
・《秋景山水蒔絵書棚》川之辺一朝 
・《牡丹に蝶煙草盆》無銘 
・《田子ノ浦蒔絵硯箱》白山松哉 
・《忍草蒔絵香合》白山松哉

基本情報

開催日程 2月23日(土)~ 5月19日(日)
時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所 清水三年坂美術館
アクセス 市バス100、206、207「清水道」下車
ホームページ http://www.sannenzaka-museum.co.jp/kikaku.html
チラシ -

休館日:月・火曜日(祝日開館)/臨時休館有

料金

一般800円/大・高・中学生500円/小学生300円

ご予約・お問い合わせ

清水三年坂美術館

TEL 075-532-4270

マップを表示

お気に入りに登録する

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #アート  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る