イベント情報

伝統行事・伝統芸能

このイベントは終了しました。

ひな飾り展

2019年3月2日(土)~2019年3月31日(日)
<月・火・3/30休館>

京商家のハレの日のしつらえとともに杉本家に伝承されてきた数々の雛人形を飾ります

杉本家の雛人形は、京都の町衆が好んだと言われる京都の宮廷文化を写し取った有職雛が特徴。会期中は、母家が消失した元治元年の大火の際にも、土蔵に守られて災禍を免れた江戸後期の有職雛や、明治期の源氏枠御殿飾りの有職雛、昭和初期の珍しい狆引き官女が並び、また9 代目夫人の実家(伏見 齊藤家)ゆかりの江戸後期の享保雛、古今雛なども展示されます。1世紀半の歴史を刻む杉本家住宅の空間で、人々の営みの歴史を感じながら、江戸享保年間から昭和にかけての雛人形の移り変わりを一堂にご鑑賞いただくことができます。
また、3月3日と21日の13時~16時に実施される「雛と楽しむ京和菓子とお抹茶」と題した企画は、雛人形が飾られる空間で、杉本家の蔵に代々伝わるお茶碗とお皿を使い、京都の和菓子とお抹茶を楽しんでいただこうというもの。和菓子は京都の有名菓子店の上生菓子を、お抹茶は、杉本家の縁戚で、京都宇治に茶園を持ち製茶業を営んでいる松北園製の厳選抹茶をご用意いたします。
「雛と楽しむ京和菓子とお抹茶」:2019年3月3日(日)・3月21日(木・祝)13時~16時(時間中随時)

基本情報

開催日程 2019年3月2日(土)~2019年3月31日(日)
<月・火・3/30休館>
時間 13:00~17:00(最終受付16:30)
場所 重要文化財杉本家住宅
(京都市下京区綾小路通新町西入ル矢田町116番地)
アクセス 地下鉄烏丸線「四条駅」下車、徒歩5分
ホームページ http://www.sugimotoke.or.jp/event/2019/03/02125114.html
チラシ -

料金

「ひな飾り展」入場料:大人ひとり1500円、高校生以下ひとり800円
「雛と楽しむ京和菓子とお抹茶」:大人ひとり3,000 円、高校生以下ひとり2,300 円(「ひな飾り展」入場料を含む)

ご予約・お問い合わせ

公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会

「ひな飾り展」は事前予約不要。
3 月3 日と21 日に開催される「雛と楽しむ京和菓子とお抹茶」のみ要事前予約。公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会(Tel: 075-344-5724/10:00~18:00)宛お申込みください。

TEL 075-344-5724
FAX 075-343-3773
e-mail narayakinen@sugimotoke.or.jp

マップを表示

お気に入りに登録する

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#文化を紹介する施設  #家族で楽しむ  #子どもと楽しむ  #雨の日も楽しめる  #雛祭り  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
子どもと京都を楽しめる場所はありますか?
京都市動物園、京都水族館、京都鉄道博物館、京都国際マンガミュージアム、宝が池公園 子どもの楽園など、お子さんが楽しく過ごせる施設がたくさんあります。家族で楽しむ旅を紹介した「旅のカタチ 家族旅」(URL)も参考に、旅のプランをたててみてください。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。

その他のよくある質問を見る