イベント情報

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

企画展〈印籠・緒締・根付〉

平成30年8月25日(土)~11月18日(日)

「印籠(いんろう)」は、もともと判子・印肉や薬の入れ物でしたが、江戸時代に人々のお洒落への欲求が高まると、装身具としても流行します。「緒締(おじめ)」は印籠の蓋の開閉をするためのもの、「根付(ねつけ)」は印籠の紐を着物の帯に通し腰元に吊り下げる際、滑り止めの役割を果たすものです。印籠は緒締・根付と一緒に用いられることが常でした。明治時代に入ると、日本人の洋装化等の影響により、印籠は実用性にこだわらない鑑賞品としても発展しました。本展覧会では、当館収蔵の印籠を緒締・根付とともに約90点展示します。彫刻・七宝・蒔絵・象嵌の細かな細工と併せて、印籠・緒締・根付、三者の取り合わせの妙もお楽しみください。

●主な出品作品

《蘭陵王蒔絵印籠》蒔絵:梶川、金工:濱野矩隨/緒締:秋草虫図 真彦/根付:秋草蟷螂図 無銘

《雨宿図蒔絵印籠》塩見政誠

《風流八橋図蒔絵印籠》山本春正

《栗根付》森田藻己

市バス100・206・207「清水道」下車

基本情報

開催日程 平成30年8月25日(土)~11月18日(日)
時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
月・火曜日(但し、12月24日、1月14日、2月11日は開館)、年末年始(12月25日~1月2日)
場所 清水三年坂美術館
アクセス 市バス100・206・207「清水道」下車
ホームページ -
チラシ -

料金

一般 800円
大・高・中学生 500円
小学生 300円

ご予約・お問い合わせ

TEL 075-532-4270

マップを表示

お気に入りに登録する

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る